FC2ブログ

N95マスクを10種比較してみた【その7】

2013.04.01(10:54)

現実は非情である。楽観と同調は禁物。リスク回避の原点は現実を直視する事。自分の5感+第6感+知力+人脈+経験+神頼み… の全能力を使って情報を集める。それでも判らない事は多い。考え、悩み、迷いながらも安全方向に危険回避行動をとるべき。登山や海釣り等で自然と対峙する場合に感じる直感と同じ。自身と子供たちの為に、自主独立の気概を!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

▲N95マスク調査第7回です。継続読者の方、前半は同じ内容なので読み飛ばして下さい
3月10日の予告からかなり時間を要してしまいました。
どのように実験したら良いのか試行錯誤の連続でした。

我々は、マスクの専門家ではありませんのであくまでも、変わり者の気まぐれ実験として見て下さい。(従って、実験結果や実験精度、文章になんら当社は責任を持ちません)



======3月10日予告内容============
マスクは形状、機能、価格が多種多様です。どれを買ったら費用対効果が優れているのか判りません。
そこで、当社では市販のマスクを10種買ってきて効果を測ってみる事にしました。

あくまでも弊社で出来る範囲の簡易比較です。ご参考程度に気軽に見て下さい。



マスク種類
allマスク10種全部

計測は、ダストモニターで行います。
dast-1.jpg
dast-2.jpg

ダストモニターの概要は前回プログをご参照願います

N95-type-670-a.jpg

==========以上、3月10日予告内容===============


==========毎回の共通内容:テスト方法=============

先ず、実験方法ですが、ダストモニター吸い込み口に被テスト用マスクを装着し、周りから空気が侵入しないようにセロテープで密閉します。
マスク実験

1)マスクを吸引孔に付ける前3分間のチリの個数を測定します。
2)マスクを付けて実験開始しますが、最初の3分間のデータは、マスク内の埃などが考えられますので破棄します。
3)大型ビニール袋(30リットル)が満杯になるまで4~5分の埃データを記録します。
4)マスクを付けた吸引終了後、マスクを外し実験環境のチリの数を再度3分間測定します。
5)マスクが塵をどの程度捕捉したのかマスクが無い場合と比較します。

6)ダストモニターから吐き出された空気は、大型のビニール袋(30リットル)に吐き出すものとします。これは、吐き出し口が吸い込み口に比較的近い構造であるため、吐き出した埃を再度吸入してカウントする事を避ける為です。また、ビニール袋に吸い込んだ空気がいっぱいになるまで(約7~8分)実験をすることで、概ね同体積の空気を吸いこんで測定しようとしたためです。

また、同じ吸引力で空気をダストモニターで吸っていますが、袋が満杯になるのに大きな時間の差の有無を見る為です。試してみないと判りませんが、時間がかかる≒空気が吸いづらい?(胸に力を入れないと空気が吸いづらい?)などの違いが有るのを見る為です。

そして、多数のマスクを扱って感じたのですが、マスクの性能は、防塵性能も大切ですが、顔面との密着度も次に重要と感じます。幾ら性能が良いマスクでも隙間だらけでは、その効果は無くなってしまいます。

結果としてN95のマスクは防塵性能に大きな差は見受けらせませんでした。が、装着した時の顔との隙間が重要であろう事が今更ながら判りました。

多くのマスクを実際に使ってみて、自分の顔の形や、大きさ、マスクのゴム構造、鼻の所の金属やパッド構造など自分に一番フットし、長い時間付けやすいマスクを探すのが実際には困難なことを実感致しました。



今回は⑦のマスクです
防塵マスク9005(DS2)スリーエム
DS2(日本の規格)です。これは、米国規格のN95同等だそうです。
価格1,200~1,848円20枚入り(@60~92.4円)
値段のバラつきがある商品です。(また、20枚入りです)
作業環境の良くない場所(工場など)で使用想定した作業用使い捨てマスクだそうです。
マスク7_1_パッケージ
2つ折り
マスク7_2_パッケージ取出し後
正面からの写真
マスク7_3_正面
内側の写真
マスク7_4_裏面
鼻の所の成形、内側にスポンジ等はありません。
マスク7_6_ノーズクリップ裏面
ゴムは2本です
マスク7_7_しめひも
ホチキス止めです
マスク7_8_しめひも取付部
フィルターを分解
マスク7_9_フィルター分解


●使用感ほか
・日本の国家検定 DS2合格品(第TM498号)ですが、N95は取得されておりません。
・個包装はされておりません。これは残念です。
・デザインが独特です。個人的には好感。
・立体的な形状です。空間があるので会話がしやすいと説明がありました。
 確かに柔軟性がある立体形状でゆったりとしています。でも大口を開けるほどの自由は利きません。
・ノーズクリップはフィルターの中で目立ちません。
・ノーズパッドはありません。が、機密性は十分です。息苦しさもありません。
・ゴムの調整はできませんが、きつくもなくゆるくもなく。
・フィルターは枚数的には少なく3枚でしたが真ん中の1枚がしっかりした厚さがあった。
・外観は全体的に機能重視で合理的というかんじですね。
・小さいお子さんにはサイズが合わないと思います。

●実験結果(同じ実験を3回繰り返し大きなバラつきが無かった為、3回の平均を記載します)

マスクで捕捉できなかった塵の数%
・全粒子 0.5μm以上   8.7%
・大粒子 2.5μm以上   7.2%
・小粒子 0.5~2.5μm  8.8%

う~ん またまた、予想外の結果。
ですが、これまでの中で最高の結果です。


我々の実験装置、実験方法が十分でないものと思います。しかし、実験方法、実験環境(実験日)は同じなので他のマスクとの相対的な比較は参考になると思います。

こちらは、大粒埃の捕捉率が高い(透過率が低い)感覚的に順当な結果です。

本来であれば、捕捉できない塵は概ね5%以下となるべきですが、なにぶん実験装置と方法がご覧のように稚拙なものです。ご容赦願います。


次回プログで⑦のマスクを報告します。



/////////////////関連プログ/////////////////////
▲マスク①の記事はこちら

▲マスク②の記事はこちら
▲番外編:100円ショップマスクの記事はこちら
▲マスク③の記事はこちら
▲マスク④の記事はこちら
▲マスク⑤の記事はこちら
▲マスク⑥の記事はこちら

▼▼ じゃ~ん!マスクの販売も開始いたしました。よろしかったらどうぞ ▼▼下の写真をクリックで注文画面へN95-sets-order-670-a.jpg

・実験で感じた事は、マスクの種類は多い。値段も形もいろいろで迷ってしまう。
・N95マスクは、防塵性能は当然としても、顔との隙間が出来ないようにするのが重要。
・さらに、長い時間使用しても疲れず、ずれる事無く、ゴムが痛くなく、息苦しさが少ないのが理想。
皆さんもいろいろ試して、ご自分に合うものをお探し下さい。







↑迷わずクリック!




ダストモニター トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

N95マスクを10種比較してみた【その6】

2013.03.29(18:09)

現実は非情である。楽観と同調は禁物。リスク回避の原点は現実を直視する事。自分の5感+第6感+知力+人脈+経験+神頼み… の全能力を使って情報を集める。それでも判らない事は多い。考え、悩み、迷いながらも安全方向に危険回避行動をとるべき。登山や海釣り等で自然と対峙する場合に感じる直感と同じ。自身と子供たちの為に、自主独立の気概を!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

▲N95マスク調査第6回です。継続読者の方、前半は同じ内容なので読み飛ばして下さい
3月10日の予告からかなり時間を要してしまいました。
どのように実験したら良いのか試行錯誤の連続でした。

我々は、マスクの専門家ではありませんのであくまでも、変わり者の気まぐれ実験として見て下さい。(従って、実験結果や実験精度、文章になんら当社は責任を持ちません)



======3月10日予告内容============
マスクは形状、機能、価格が多種多様です。どれを買ったら費用対効果が優れているのか判りません。
そこで、当社では市販のマスクを10種買ってきて効果を測ってみる事にしました。

あくまでも弊社で出来る範囲の簡易比較です。ご参考程度に気軽に見て下さい。



マスク種類
allマスク10種全部

計測は、ダストモニターで行います。
dast-1.jpg
dast-2.jpg

ダストモニターの概要は前回プログをご参照願います

N95-type-670-a.jpg

==========以上、3月10日予告内容===============


==========毎回の共通内容:テスト方法=============

先ず、実験方法ですが、ダストモニター吸い込み口に被テスト用マスクを装着し、周りから空気が侵入しないようにセロテープで密閉します。
マスク実験

1)マスクを吸引孔に付ける前3分間のチリの個数を測定します。
2)マスクを付けて実験開始しますが、最初の3分間のデータは、マスク内の埃などが考えられますので破棄します。
3)大型ビニール袋(30リットル)が満杯になるまで4~5分の埃データを記録します。
4)マスクを付けた吸引終了後、マスクを外し実験環境のチリの数を再度3分間測定します。
5)マスクが塵をどの程度捕捉したのかマスクが無い場合と比較します。

6)ダストモニターから吐き出された空気は、大型のビニール袋(30リットル)に吐き出すものとします。これは、吐き出し口が吸い込み口に比較的近い構造であるため、吐き出した埃を再度吸入してカウントする事を避ける為です。また、ビニール袋に吸い込んだ空気がいっぱいになるまで(約7~8分)実験をすることで、概ね同体積の空気を吸いこんで測定しようとしたためです。

また、同じ吸引力で空気をダストモニターで吸っていますが、袋が満杯になるのに大きな時間の差の有無を見る為です。試してみないと判りませんが、時間がかかる≒空気が吸いづらい?(胸に力を入れないと空気が吸いづらい?)などの違いが有るのを見る為です。

そして、多数のマスクを扱って感じたのですが、マスクの性能は、防塵性能も大切ですが、顔面との密着度も次に重要と感じます。幾ら性能が良いマスクでも隙間だらけでは、その効果は無くなってしまいます。

結果としてN95のマスクは防塵性能に大きな差は見受けらせませんでした。が、装着した時の顔との隙間が重要であろう事が今更ながら判りました。

多くのマスクを実際に使ってみて、自分の顔の形や、大きさ、マスクのゴム構造、鼻の所の金属やパッド構造など自分に一番フットし、長い時間付けやすいマスクを探すのが実際には困難なことを実感致しました。



今回は⑥のマスクです
防護マスク9010(N95)スリーエム
価格4,800~7,980円50枚入り(@96~160円)
値段のバラつきがある商品です。(また、50枚入りです)
マスク6_1_パッケージ
2つ折りの構造
マスク6_3_個包装取出し後
正面から見た写真
マスク6_4_正面
内側から見た写真
マスク6_5_裏面
金属の成形板
マスク6_6_ノーズクリップ正面
内側にスポンジのような密着の為の部材はありません
マスク6_7_ノーズクリップ裏面
ゴムは2本。ホチキス止め
マスク6_8_しめひも
フィルターは7層?構造
マスク6_10_フィルター分解


●使用感ほか
・立体的ではなく、2つに折りたたんでありました。しかし広げれば大きい感じです。
・ノーズクリップは金属のワイヤーが露出しているタイプです。
・ノーズパッド(内側)はありません。N95では珍しいかも。
・締め紐のゴムは少し硬いかな、という感じ。締め紐の固定がホッチキスで
 頬にも接触する感じでちょっと配慮はされていないかんじです。
・ノーズパッドがないので機密性を心配しましたがそれほど悪くはありません。
 鼻の形に合わす調整が鍵ですね。
・息がよく通る感じがします。
・フィルター分解しましたら今のところ枚数が多いです。
・外観は全体的に機能重視で合理的というかんじですね。医療用で使い捨てが前提でしょう。
・小さいお子さんにはサイズが合わないと思います。

●実験結果(同じ実験を3回繰り返し大きなバラつきが無かった為、3回の平均を記載します)

マスクで捕捉できなかった塵の数%
・全粒子 0.5μm以上   11.8%
・大粒子 2.5μm以上   9.0%
・小粒子 0.5~2.5μm  12.0%

う~ん またまた、予想外の結果。
見るからに医療用の高級マスクなのに塵の捕捉率が約9割です。1割が捕捉出来ていません。


我々の実験装置、実験方法が十分でないものと思います。しかし、実験方法、実験環境(実験日)は同じなので他のマスクとの相対的な比較は参考になると思います。

こちらは、大粒埃の捕捉率が高い(透過率が低い)感覚的に順当な結果です。

本来であれば、N95ですから捕捉できない塵は5%以下となるべきですが、なにぶん実験装置と方法がご覧のように稚拙なものです。ご容赦願います。


次回プログで⑦のマスクを報告します。



/////////////////関連プログ/////////////////////
▲マスク①の記事はこちら

▲マスク②の記事はこちら
▲番外編:100円ショップマスクの記事はこちら
▲マスク③の記事はこちら
▲マスク④の記事はこちら
▲マスク⑤の記事はこちら

▼▼ じゃ~ん!マスクの販売も開始いたしました。よろしかったらどうぞ ▼▼下の写真をクリックで注文画面へN95-sets-order-670-a.jpg

・実験で感じた事は、マスクの種類は多い。値段も形もいろいろで迷ってしまう。
・N95マスクは、防塵性能は当然としても、顔との隙間が出来ないようにするのが重要。
・さらに、長い時間使用しても疲れず、ずれる事無く、ゴムが痛くなく、息苦しさが少ないのが理想。
皆さんもいろいろ試して、ご自分に合うものをお探し下さい。







↑迷わずクリック!




ダストモニター トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

N95マスクを10種比較してみた【その5】

2013.03.28(13:01)

現実は非情である。楽観と同調は禁物。リスク回避の原点は現実を直視する事。自分の5感+第6感+知力+人脈+経験+神頼み… の全能力を使って情報を集める。それでも判らない事は多い。考え、悩み、迷いながらも安全方向に危険回避行動をとるべき。登山や海釣り等で自然と対峙する場合に感じる直感と同じ。自身と子供たちの為に、自主独立の気概を!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

▲N95マスク調査第5回です。継続読者の方、前半は同じ内容なので読み飛ばして下さい
3月10日の予告からかなり時間を要してしまいました。
どのように実験したら良いのか試行錯誤の連続でした。

我々は、マスクの専門家ではありませんのであくまでも、変わり者の気まぐれ実験として見て下さい。(従って、実験結果や実験精度、文章になんら当社は責任を持ちません)



======3月10日予告内容============
マスクは形状、機能、価格が多種多様です。どれを買ったら費用対効果が優れているのか判りません。
そこで、当社では市販のマスクを10種買ってきて効果を測ってみる事にしました。

あくまでも弊社で出来る範囲の簡易比較です。ご参考程度に気軽に見て下さい。



マスク種類
allマスク10種全部

計測は、ダストモニターで行います。
dast-1.jpg
dast-2.jpg

ダストモニターの概要は前回プログをご参照願います

N95-type-670-a.jpg

==========以上、3月10日予告内容===============


==========毎回の共通内容:テスト方法=============

先ず、実験方法ですが、ダストモニター吸い込み口に被テスト用マスクを装着し、周りから空気が侵入しないようにセロテープで密閉します。
マスク実験

1)マスクを吸引孔に付ける前3分間のチリの個数を測定します。
2)マスクを付けて実験開始しますが、最初の3分間のデータは、マスク内の埃などが考えられますので破棄します。
3)大型ビニール袋(30リットル)が満杯になるまで4~5分の埃データを記録します。
4)マスクを付けた吸引終了後、マスクを外し実験環境のチリの数を再度3分間測定します。
5)マスクが塵をどの程度捕捉したのかマスクが無い場合と比較します。

6)ダストモニターから吐き出された空気は、大型のビニール袋(30リットル)に吐き出すものとします。これは、吐き出し口が吸い込み口に比較的近い構造であるため、吐き出した埃を再度吸入してカウントする事を避ける為です。また、ビニール袋に吸い込んだ空気がいっぱいになるまで(約7~8分)実験をすることで、概ね同体積の空気を吸いこんで測定しようとしたためです。

また、同じ吸引力で空気をダストモニターで吸っていますが、袋が満杯になるのに大きな時間の差の有無を見る為です。試してみないと判りませんが、時間がかかる≒空気が吸いづらい?(胸に力を入れないと空気が吸いづらい?)などの違いが有るのを見る為です。

そして、多数のマスクを扱って感じたのですが、マスクの性能は、防塵性能も大切ですが、顔面との密着度も次に重要と感じます。幾ら性能が良いマスクでも隙間だらけでは、その効果は無くなってしまいます。

結果としてN95のマスクは防塵性能に大きな差は見受けらせませんでした。が、装着した時の顔との隙間が重要であろう事が今更ながら判りました。

多くのマスクを実際に使ってみて、自分の顔の形や、大きさ、マスクのゴム構造、鼻の所の金属やパッド構造など自分に一番フットし、長い時間付けやすいマスクを探すのが実際には困難なことを実感致しました。



今回は⑤のマスクです
防護マスク9210(N95)スリーエム
価格1,980~3,990円20枚入り(@99~200円)
値段のバラつきがある商品です。
マスク5_1_パッケージ無し
折りたたみの3面立体構造
マスク5_5_正面
口側から見た写真
マスク5_6_裏面
鼻の所は自由に成形
マスク5_7_ノーズクリップ正面
顔面との密着性確保の為、大型のスポンジ
マスク5_8_ノーズクリップ裏面
ゴムは2本
マスク5_4_個包装取出し後裏面
5層の構造
マスク5_11_フィルター分解


●使用感ほか
・購入分は平行輸入品で外箱はありませんでした。
・個包装は折りたためられてコンパクトですが広げると立体的なマスクに変身(3面立体構造)。
  個人的にはかっこいいと思います。
・正面の3Mのロゴもかっこいい。
・ノーズクリップはフィルター内部に入っています。たぶん金属製。
・ノースパッドは適度な圧さと広さ(大きさ)があります。
・締め紐は薄いゴム製で引っ張ると切れそうな感じですが切れません。
 ゴム長さの調節はできません。
・3面立体構造で口の動きに合わせて追随すると聞きましたが大口を開けるほど
 自由が利くわけではないかんじです。また鼻の辺りがきつい感じ。個人的には小さく感じます。
・機密性はあると思います。でもちょっと全般的に息苦しい感じ。
・小さいお子さんにはサイズが合わないと思います。

●実験結果(同じ実験を3回繰り返し大きなバラつきが無かった為、3回の平均を記載します)

マスクで捕捉できなかった塵の数%
・全粒子 0.5μm以上   12.1%
・大粒子 2.5μm以上   12.1%
・小粒子 0.5~2.5μm  12.1%

う~ん またまた、予想外の結果。
見るからに医療用の高級マスクなのに塵の捕捉率が約9割です。1割が捕捉出来ていません。

また、粒子の大小で透過率が同じです。本来であれば、大粒子が捕捉率が多いと思いますが……。

我々の実験装置、実験方法に欠陥があるのでしょうか?。しかし、実験方法、実験環境(実験日)は同じなので他のマスクとの相対的な比較は参考になると思います。

本来であれば、N95ですから捕捉できない塵は5%以下となるべきですが、なにぶん実験装置と方法がご覧のように稚拙なものです。ご容赦願います。

次回プログで⑥のマスクを報告します。



/////////////////関連プログ/////////////////////
▲マスク①の記事はこちら

▲マスク②の記事はこちら
▲番外編:100円ショップマスクの記事はこちら
▲マスク③の記事はこちら
▲マスク④の記事はこちら

▼▼ じゃ~ん!マスクの販売も開始いたしました。よろしかったらどうぞ ▼▼下の写真をクリックで注文画面へN95-sets-order-670-a.jpg

・実験で感じた事は、マスクの種類は多い。値段も形もいろいろで迷ってしまう。
・N95マスクは、防塵性能は当然としても、顔との隙間が出来ないようにするのが重要。
・さらに、長い時間使用しても疲れず、ずれる事無く、ゴムが痛くなく、息苦しさが少ないのが理想。
皆さんもいろいろ試して、ご自分に合うものをお探し下さい。







↑迷わずクリック!




ダストモニター トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

N95マスクを10種比較してみた【その4】

2013.03.26(10:19)

現実は非情である。楽観と同調は禁物。リスク回避の原点は現実を直視する事。自分の5感+第6感+知力+人脈+経験+神頼み… の全能力を使って情報を集める。それでも判らない事は多い。考え、悩み、迷いながらも安全方向に危険回避行動をとるべき。登山や海釣り等で自然と対峙する場合に感じる直感と同じ。自身と子供たちの為に、自主独立の気概を!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

▲N95マスク調査第4回です。継続読者の方、前半は同じ内容なので読み飛ばして下さい
3月10日の予告からかなり時間を要してしまいました。
どのように実験したら良いのか試行錯誤の連続でした。

我々は、マスクの専門家ではありませんのであくまでも、変わり者の気まぐれ実験として見て下さい。(従って、実験結果や実験精度、文章になんら当社は責任を持ちません)



======3月10日予告内容============
マスクは形状、機能、価格が多種多様です。どれを買ったら費用対効果が優れているのか判りません。
そこで、当社では市販のマスクを10種買ってきて効果を測ってみる事にしました。

あくまでも弊社で出来る範囲の簡易比較です。ご参考程度に気軽に見て下さい。



マスク種類
allマスク10種全部

計測は、ダストモニターで行います。
dast-1.jpg
dast-2.jpg

ダストモニターの概要は前回プログをご参照願います

お試しN95マスク10種リスト 1
==========以上、3月10日予告内容===============


==========毎回の共通内容:テスト方法=============

先ず、実験方法ですが、ダストモニター吸い込み口に被テスト用マスクを装着し、周りから空気が侵入しないようにセロテープで密閉します。
マスク実験

1)マスクを吸引孔に付ける前3分間のチリの個数を測定します。
2)マスクを付けて実験開始しますが、最初の3分間のデータは、マスク内の埃などが考えられますので破棄します。
3)大型ビニール袋(30リットル)が満杯になるまで4~5分の埃データを記録します。
4)マスクを付けた吸引終了後、マスクを外し実験環境のチリの数を再度3分間測定します。
5)マスクが塵をどの程度捕捉したのかマスクが無い場合と比較します。

6)ダストモニターから吐き出された空気は、大型のビニール袋(30リットル)に吐き出すものとします。これは、吐き出し口が吸い込み口に比較的近い構造であるため、吐き出した埃を再度吸入してカウントする事を避ける為です。また、ビニール袋に吸い込んだ空気がいっぱいになるまで(約7~8分)実験をすることで、概ね同体積の空気を吸いこんで測定しようとしたためです。

また、同じ吸引力で空気をダストモニターで吸っていますが、袋が満杯になるのに大きな時間の差の有無を見る為です。試してみないと判りませんが、時間がかかる≒空気が吸いづらい?(胸に力を入れないと空気が吸いづらい?)などの違いが有るのを見る為です。

そして、多数のマスクを扱って感じたのですが、マスクの性能は、防塵性能も大切ですが、顔面との密着度も次に重要と感じます。幾ら性能が良いマスクでも隙間だらけでは、その効果は無くなってしまいます。

結果としてN95のマスクは防塵性能に大きな差は見受けらせませんでした。が、装着した時の顔との隙間が重要であろう事が今更ながら判りました。

多くのマスクを実際に使ってみて、自分の顔の形や、大きさ、マスクのゴム構造、鼻の所の金属やパッド構造など自分に一番フットし、長い時間付けやすいマスクを探すのが実際には困難なことを実感致しました。



今回は④のマスクです
YAMAMOTO 7500 N95マスク
価格1,500~2,980円20枚入り(@74~149円)
値段のバラつきがある商品です。
マスク4_1_パッケージ
縦2つ折りタイプ
マスク4_4_正面
ゴムは2本
マスク4_3_個包装取出後
鼻の成形も容易
マスク4_5_ノーズクリップ正面
金属の使用は無し
マスク4_6_ノーズクリップ裏面
ゴムの長さが調整可
マスク4_7_しめひも
フィルター分解してみた
マスク4_9_フィルター分解


●使用感ほか
・縦に半分に折りたためられているタイプで独特な形状。
  鳥かカラス天狗のイメージがしました。
・ノーズブリッジはマスクのフィルター内部に入っており露出していませんので
  デザイン的には良いかも。
・ノーズブリッジ他、金属は使用されていません。
・ノーズパッドは薄いですが、面積が広い。
・締め紐はよくある織りゴム(パンツのゴム)。上下のゴムは専用の調節具(樹脂)により長さ調節が可能です。
・機密性は問題ないが、個人的には位置決めが少々難しかった。
・息は苦しくはない
・小さいお子さんにはサイズが合わないと思います。

●実験結果(同じ実験を3回繰り返し大きなバラつきが無かった為、3回の平均を記載します)

マスクで捕捉できなかった塵の数%
・全粒子 0.5μm以上   10.9%
・大粒子 2.5μm以上   7.4%
・小粒子 0.5~2.5μm  11.1%

う~ん またまた、予想外の結果。
見るからに医療用の高級マスクなのに塵の捕捉率が約9割です。1割が捕捉出来ていません。

我々の実験装置、実験方法に欠陥があるのでしょうか?。しかし、実験方法、実験環境(実験日)は同じなので他のマスクとの相対的な比較は参考になると思います。

本来であれば、N95ですから捕捉できない塵は5%以下となるべきですが、なにぶん実験装置と方法がご覧のように稚拙なものです。ご容赦願います。

次回プログで⑤のマスクを報告します。



/////////////////関連プログ/////////////////////
▲マスク①の記事はこちら

▲マスク②の記事はこちら
▲番外編:100円ショップマスクの記事はこちら
▲マスク③の記事はこちら


▼▼ じゃ~ん!マスクの販売も開始いたしました。よろしかったらどうぞ ▼▼下の写真をクリックN95-sets-order-670-a.jpg

・実験で感じた事は、マスクの種類は多い。値段も形もいろいろで迷ってしまう。
・N95マスクは、防塵性能は当然としても、顔との隙間が出来ないようにするのが重要。
・さらに、長い時間使用しても疲れず、ずれる事無く、ゴムが痛くなく、息苦しさが少ないのが理想。
皆さんもいろいろ試して、ご自分に合うものをお探し下さい。







↑迷わずクリック!




ダストモニター トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

N95マスクを10種比較してみた【その3】

2013.03.25(11:14)

現実は非情である。楽観と同調は禁物。リスク回避の原点は現実を直視する事。自分の5感+第6感+知力+人脈+経験+神頼み… の全能力を使って情報を集める。それでも判らない事は多い。考え、悩み、迷いながらも安全方向に危険回避行動をとるべき。登山や海釣り等で自然と対峙する場合に感じる直感と同じ。自身と子供たちの為に、自主独立の気概を!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

▲N95マスク調査第3回です。継続読者の方、前半は同じ内容なので読み飛ばして下さい
3月10日の予告からかなり時間を要してしまいました。
どのように実験したら良いのか試行錯誤の連続でした。

我々は、マスクの専門家ではありませんのであくまでも、変わり者の気まぐれ実験として見て下さい。(従って、実験結果や実験精度、文章になんら当社は責任を持ちません)



======3月10日予告内容============
マスクは形状、機能、価格が多種多様です。どれを買ったら費用対効果が優れているのか判りません。
そこで、当社では市販のマスクを10種買ってきて効果を測ってみる事にしました。

あくまでも弊社で出来る範囲の簡易比較です。ご参考程度に気軽に見て下さい。



マスク種類
allマスク10種全部

計測は、ダストモニターで行います。
dast-1.jpg
dast-2.jpg

ダストモニターの概要は前回プログをご参照願います

お試しN95マスク10種リスト 1
==========以上、3月10日予告内容===============


==========毎回の共通内容:テスト方法=============

先ず、実験方法ですが、ダストモニター吸い込み口に被テスト用マスクを装着し、周りから空気が侵入しないようにセロテープで密閉します。
マスク実験

1)マスクを吸引孔に付ける前3分間のチリの個数を測定します。
2)マスクを付けて実験開始しますが、最初の3分間のデータは、マスク内の埃などが考えられますので破棄します。
3)大型ビニール袋(30リットル)が満杯になるまで4~5分の埃データを記録します。
4)マスクを付けた吸引終了後、マスクを外し実験環境のチリの数を再度3分間測定します。
5)マスクが塵をどの程度捕捉したのかマスクが無い場合と比較します。

6)ダストモニターから吐き出された空気は、大型のビニール袋(30リットル)に吐き出すものとします。これは、吐き出し口が吸い込み口に比較的近い構造であるため、吐き出した埃を再度吸入してカウントする事を避ける為です。また、ビニール袋に吸い込んだ空気がいっぱいになるまで(約7~8分)実験をすることで、概ね同体積の空気を吸いこんで測定しようとしたためです。

また、同じ吸引力で空気をダストモニターで吸っていますが、袋が満杯になるのに大きな時間の差の有無を見る為です。試してみないと判りませんが、時間がかかる≒空気が吸いづらい?(胸に力を入れないと空気が吸いづらい?)などの違いが有るのを見る為です。

そして、多数のマスクを扱って感じたのですが、マスクの性能は、防塵性能も大切ですが、顔面との密着度も次に重要と感じます。幾ら性能が良いマスクでも隙間だらけでは、その効果は無くなってしまいます。

結果としてN95のマスクは防塵性能に大きな差は見受けらせませんでした。が、装着した時の顔との隙間が重要であろう事が今更ながら判りました。

多くのマスクを実際に使ってみて、自分の顔の形や、大きさ、マスクのゴム構造、鼻の所の金属やパッド構造など自分に一番フットし、長い時間付けやすいマスクを探すのが実際には困難なことを実感致しました。



今回は③のマスクです
AMD N95マスクダックヒルタイプ
価格1,880円20枚入り(@94円)
値段のバラつきが少ない商品です。(1880円の店がほとんど)
マスク3_1_パッケージ
見た目、アヒルの口です。
マスク3_4_正面
鼻の所は比較的柔軟に成型できます。
マスク3_5_ノーズクリップ正面
密着感は高いです。
マスク3_6_ノーズクリップ裏面
締めゴムもしっかりした作りです。
マスク3_8_しめひも取付部
フィルターを分解してみました。5層構造です。
マスク1_6_フィルター分解


●使用感ほか
・包装を見れば医療用です。
・アヒルのくちばしのようで外出時は人の目が気になるかもしれません。
・ノーズワイヤーが白い樹脂製なので金属とは違い見た目もよいです。
・鼻の隙間のスポンジは厚さはありますが十分大きいわけではありません。
・しめ紐は良くむるパンツのゴムタイプ。
  上下の2本の締め紐は本体では固定されていない(穴を通っている)ので
  上下の圧力のバランスを調整することが可能です。
・装着性はよく機密性はあると思います。口の周りは空間ができて良いですが
 若干息苦しく感じるかも。個人差はあると思います。
・小さいお子さんにはサイズが合わないと思います。

●実験結果(同じ実験を3回繰り返し大きなバラつきが無かった為、3回の平均を記載します)

マスクで捕捉できなかった塵の数%
・全粒子 0.5μm以上   12.1%
・大粒子 2.5μm以上   8.2%
・小粒子 0.5~2.5μm  12.3%

う~ん またまた、予想外の結果。
見るからに医療用の高級マスクなのに塵の捕捉率が約9割です。1割が捕捉出来ていません。

我々の実験装置、実験方法に欠陥があるようです。

本来であれば、N95ですから捕捉できない塵は5%以下となるべきですが、なにぶん実験装置と方法がご覧のように稚拙なものです。ご容赦願います。

次回プログで④のマスクを報告します。



/////////////////関連プログ/////////////////////
▲マスク①の記事はこちら

▲マスク②の記事はこちら
▲番外編:100円ショップマスクの記事はこちら





======================================


放射能測定サービス、機器レンタル、機器購入はこちら
FNF401-mejer218.jpgPA1000-rental218.jpgFNF401-sell218.jpg

自分で測る安心!
契約前の不動産契約や家庭菜園の放射線測定でリスク低減を!
2-set-0.jpg






↑迷わずクリック!




ダストモニター トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

ダストモニター

  1. N95マスクを10種比較してみた【その7】(04/01)
  2. N95マスクを10種比較してみた【その6】(03/29)
  3. N95マスクを10種比較してみた【その5】(03/28)
  4. N95マスクを10種比較してみた【その4】(03/26)
  5. N95マスクを10種比較してみた【その3】(03/25)
前のページ 次のページ