FC2ブログ

PM2.5モニターを購入してみた!

2013.02.28(11:15)

現実は非情である。楽観と同調は禁物。リスク回避の原点は現実を直視する事。自分の5感+第6感+知力+人脈+経験+神頼み… の全能力を使って情報を集める。それでも判らない事は多い。考え、悩み、迷いながらも安全方向に危険回避行動をとるべき。登山や海釣り等で自然と対峙する場合に感じる直感と同じ。子供たちと自身の為に、自主独立の気概を!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

本日は、空気中のダストモニターを購入した話です。

最近は、PM2.5のニュースが急に話題になっていますので、弊社でも測定器を1台購入いたしました。
dast-1.jpg

■構造
 ・上部スリット(吸気口)から空気とともに粒子を吸い込んで
  下側のスリット(排気口)から吐き出します。

■計測原理
 ・この流入空気にレーザー光線を当て、その乱反射からPM0.5~2.5の大きさの粒子の個数と
  PM2.5以上の粒子の個数を同時にカウントします。

■計測
 ・この電源ONで数秒後には測定結果がデジタル表示窓に数値として表示されます。
 ・その後1秒間隔で粒子個数とアナログインジケーターのバーがリアルタイムに変化します。
dast-2.jpg


 ▲早速周囲を測ってみました。2月27日弊社周囲(さいたま市北区)
   ・個数は、吸気1.7L/min 時の値です。(1.7リットル/分)

                    小微粒子数    大微粒子数
                    (PM0.5-2.5)  (PM2.5超える)
   ・店舗周囲2F(屋外)       7280個    170個/0.28L(リットル)


   ・弊社店舗1F(室内)        1400個    23個/0.28L(リットル)
               1時間後  1090個    14個/0.28L(リットル)
               90分後  1010個    10個/0.28L(リットル)
               2時間後  940個     10個/0.28L(リットル)

              

■感想
 ・行政発表数値との比較はまだ出来てはおりません。行政発表は、単位が(μg/m3):マイクログラム/立法メートル。今回の測定単位は、(個/0.28L):個/0.28リットル。

 ・当面の使用法としては、日々の増減や場所での比較は有効と思います。

続報は、今後プログでご紹介します。



======================================


放射能測定サービス、機器レンタル、機器購入はこちら
FNF401-mejer218.jpgPA1000-rental218.jpgFNF401-sell218.jpg

自分で測る安心!
契約前の不動産契約や家庭菜園の放射線測定でリスク低減を!
2-set-0.jpg






↑迷わずクリック!



関連記事
スポンサーサイト




ダストモニター トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する