FC2ブログ

玄米 【千葉県野田市産】

2013.02.10(10:12)

現実は非情である。楽観と同調は禁物。リスク回避の原点は現実を直視する事。自分の5感+第6感+知力+人脈+経験+神頼み… の全能力を使って情報を集める。それでも判らない事は多い。考え、悩み、迷いながらも安全方向に危険回避行動をとるべき。登山や海釣り等で自然と対峙する場合に感じる直感と同じ。自身と子供たちの為に、自主独立の気概を!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

①検体概要

 ・産地 千葉県野田市
 ・品名 玄米(コシヒカリ)
 ・約 0.944Kgを測定。
 ・測定時間1000秒。


測定容器へ詰め込んだ様子
千葉県野田産こしひかり (2)
②測定結果
・セシウム134。 検出限界未満
・セシウム137。 検出限界未満
・ヨウ素 131。  検出限界未満


③結果及び参考情報
千葉県野田産こしひかり

・検出限界以下でした。
検体を持参された方は千葉県の(ホットスポット近郊)にお住まいの方です。お米を近所の方へ販売されているそうですが、放射能に関し心配されている方も多く、今回弊社をご利用いただきました。
玄米についてのご報告は以上です。
===========





今回のプログは千葉県産の玄米なので、千葉県在住の方がご覧になる割合が多いと思います。
2011年3月の千葉県で降った放射性物質を含んだ雨についての政府発表資料をご参考に
紹介します。(昨年10月19日のプログの再掲示です)

==========以下から行政報道資料です============
文部科学省 報道資料(H24,9,28)
「都道府県別環境放射能水準調査において平成23年度に(財)日本分析センターが分析した全国環境試料のベータ線分析の結果について」
→雨以外にも、様々な内容が有りますので詳しくは原文を参照下さい。

▼詳しくは、文部科学省 報道資料をご参照下さい。リンクはこちら


▼2011年3月に千葉県で降った高濃度汚染の雨です。
(ベータ線を発する放射線物質の総量、核種分別は無し。市町村名の記載は無し)。


・事故前の11年間では最大で4.2Bq/Lであったものが、2011年3月の雨には放射性物質が最大で5,400Bq/Lもあった事が報告されています。


==========以下は5ページ目からの抜粋です==========
○降水(千葉県の分析結果)
全ベータ測定:ND~5,400Bq/L(最大値:平成23年3月に採取)
(事故前11年間のデータ範囲ND~4.2Bq/L(最大値:平成18年4月に採取))
Bq/m2への換算:ND~47,000Bq/m2(最大値:平成23年3月に採取)
(事故前11年間のデータ範囲ND~48Bq/m2(最大値:平成18年4月に採取))
千葉県で採取した、降水の全ベータ※の分析結果の最大値は5,400Bq/L (平成23年3月採取)、47,000MBq/km2 (平成23年3月採取)であり、事故前11年間(平成12年4月~平成23年2月)に観測された最大値(4.2Bq/L(平成18年4月採取)、48MBq/km2(平成15年11月採取))を超える値が確認されました。
なお、事故直後は高い放射能濃度が観測されていましたが、平成23年5月11日以降は事故前の最大値(4.2Bq/L(平成18年4月採取))と同程度以下まで下がっており、現在では十分に低くなっていることが確認されています。
※全ベータ:試料中の全放射性核種から放出されるベータ線を分析するもの。核種弁別はできない。

            

以上です。





======================================


放射能測定サービス、機器レンタル、機器購入はこちら
FNF401-mejer218.jpgPA1000-rental218.jpgFNF401-sell218.jpg

自分で測る安心!
契約前の不動産契約や家庭菜園の放射線測定でリスク低減を!
2-set-0.jpg






↑迷わずクリック!



関連記事
スポンサーサイト




市販食品 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する