FC2ブログ

野生鳥獣肉の基準値超過事例についての各都県の報道発表資料(群馬県)

2012.11.23(15:57)

当社では11月24日(土)に第5回:無料測定会を行います。
測りたい方は持込み大歓迎。

食品や土壌。(要事前TEL予約)





今回のプログも、弊社による測定結果ではありません。
10日間もプログが更新できませんでした。
食品や土壌のベクレル値測定や携帯型放射線測定器レンタルのお申し込みが増加し、その対応にかかりきりでした。最近、放射能関係の健康等影響についての報道が増えているからでしょうか。

================================
▲野生鳥獣肉の基準値超過事例についての各都県の報道発表資料(群馬県)  
                         平成24年11月22日

元データはこちら

gunm1122 1
gunm1122 2


==================================

野生の鹿、猪、熊の肉の放射性セシウム測定結果です。
都市部では、これらの肉を人が食べる事は少ないと思います。

しかし、これらの動物が山で普段何を食べているのか気になりましたので調べました。

▼猪の餌 wikipediaからの引用です。
食性は基本的に山林に生えている植物の地下茎・果実・タケノコなどを食べる草食に非常に偏った雑食性(植物質:動物質≒9:1)である。動物質は季節の変化に応じて昆虫類・ミミズ・サワガニ、ヘビなどを食べる。食味が良く簡単に手に入れられる農作物を求めて人家近辺にも出没することがある。鳥類・アカシカ・小型哺乳類なども採餌するが、死骸が落ちていた時に食餌する。

▼鹿の餌 wikipediaからの引用です。
植物食で、草や木の葉、ササ、果実などを採食し、餌の乏しい冬季には樹皮も食べる。

▼熊の餌 環境省のホームペイジからの引用です。
Q クマは肉食動物ではないのですか?
A 肉食もしますが、植物質に偏った雑食性です。食肉類なので、大きな犬歯がありますが、臼
歯(奥歯)は植物をすりつぶすのに適した形に変化しています。
Q クマの好物はドングリだけですか?
A ドングリは主に秋に実り、越冬前の栄養価が高いエサとして知られています。他の時期は沢
沿いの草本や新芽、新葉 さまざまな種類の果実類など時期に合わせてさまざまなエサを食
べています。またハチミツも大好物です。

--------------------

猪、熊、鹿のどれも山の植物を中心に食べているようです。

これら、野生の動物を食肉として見ると100Bq/kg超えてないので~~、の話になりますが、人間に近い哺乳類として考えれば、別の表現になるでしょう。

このデータを見て思うところは多いのですが、感想は差し控えます。


本日は以上です。





=====================================
測定装置
・応用光研工業FNF-401 検出限界10Bq/kg 測定時間1,000秒
・セシウム134、セシウム137、ヨウ素131を測定>
FNF-401




放射能測定サービス、機器レンタル、機器購入はこちら
FNF401-mejer218.jpgPA1000-rental218.jpgFNF401-sell218.jpg





↑迷わずクリック!






関連記事
スポンサーサイト




行政発表 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する