FC2ブログ

食品放射能 諸外国の輸入規制一覧【農林水産省】

2012.11.14(15:05)

当社では11月24日(土)に第5回:無料測定会を行います。
測りたい方は持込み大歓迎。

食品や土壌。(要事前TEL予約)





今回のプログも、弊社による測定結果ではありません。
ここで言う「規制」は輸入禁止措置のみではありません。放射能検査証明書や産地証明書の提出を求める規制も含みます。
================================
▲福島第一原子力発電所事故に伴う各国・地域の輸入規制強化への対応  
                         平成24年11月13日農林水産省

元データは、農林水産省です。
==================================

以前にもプログで記載しましたが、最新版が公開されましたので再度紹介いたします。
他国から見て、日本の「どの地域」の「どのような食品」が問題視されているか参考になります。

外国がどれだけの情報を持っているか不明ですが、他者の視点を知る事も勉強になります。

中東諸国や日本から遠い国は、47都道府県全て対象、食品も全て対象、大雑把な規制です。もともと、日本からの食糧輸入はほとんど無いでしょうから影響は無いのでしょう。

ただし、注目すべきは、韓国や米国です。
都道府県名を細かく明記し、更に食品の品目まで指定しています。
両国が何を問題視しているかは、参考になりそうです。


例えば、きのこ類が多いですが、「飼料」も問題視されているようです。
また、南関東や中部地方の方は、自分の県が規制地域に含まれている事に抵抗感を感じるかもしれません。


書き始めると長くなりますので、皆様も表をご覧下さい。意外な海外視点が発見できるかも知れません。

元データは、農林水産省です。(初めに記載したURLリンクと同じです)

なお、繰り返しになりますが、この表は輸入禁止措置のみではありません。
条件が満足されれば、輸入を許可されるものが多いです。
具体的には、放射能検査証明や産地証明を求める場合、輸入する国側で検査を強化する場合など4種ほどに分類されています。


本日は以上です。












=====================================
測定装置
・応用光研工業FNF-401 検出限界10Bq/kg 測定時間1,000秒
・セシウム134、セシウム137、ヨウ素131を測定>
FNF-401




放射能測定サービス、機器レンタル、機器購入はこちら
FNF401-mejer218.jpgPA1000-rental218.jpgFNF401-sell218.jpg

自分で測る安心!
契約前の不動産契約や家庭菜園の放射線測定でリスク低減を!
2-set-0.jpg







↑迷わずクリック!






関連記事
スポンサーサイト




行政発表 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する