FC2ブログ

【放射能測定1日1品】 市販品 だしのもと

2012.10.06(17:32)

当社では10月13日(土)に無料測定会を行います。測りたい方は持込み大歓迎。食品や土壌。
(要事前TEL予約)



①検体概要
市販品 だしパック。
・材料にシイタケが使われており、その点が心配で放射能測定を依頼されました。
・約0.22Kgを写真のように容器に詰めて測定。
・測定時間1000秒
だしパック外装
容器に詰めた写真
だしパック(容器につめた状態)





②測定結果 
・セシウム134。 検出限界(17.13Bq/kg)以下
・セシウム137。 検出限界(17.50Bq/kg)以下
・ヨウ素 131。  検出限界以下

dashipakku.jpg
今回は検体量が約0.2kgとかなり少なめです。従って、検出限界が約18Bq/kgとなっております。
FNF-401は検体量が約1KG必要な所が欠点とも言えます。一般的に今回のだしの元のような食品は、個人では1KGも所有していないものです。100g程度で正確な測定ができる装置が望まれます。





③感想、関係情報
セシウム134,137、ヨウ素131は検出はされませんでした。何よりです。

▲弊社では、「Myマリネリ容器」制度もございます。利用者にその方専用のマリネリ容器をご購入いただき、それを弊社との間でやり取りするものです。こうする事により、計測した食品で放射能が検出されなかった場合は、検体を安心して食して頂こうとするものです。
詳しくはお問合わせ願います。

その方法を使えば、例えば今回の「だしのもと」は、食べられます。
他の例では、放射能が検出されない米1kgを廃棄するのは大変もったいない事です。
(その容器は土壌の計測に使用しません。食品專用にします)


========================================
測定装置
・応用光研工業FNF-401 検出限界10Bq/kg 測定時間1,000秒
・セシウム134、セシウム137、ヨウ素131を測定>
FNF-401




放射能測定サービス、機器レンタル、機器購入はこちら
FNF401-mejer218.jpgPA1000-rental218.jpgFNF401-sell218.jpg





↑迷わずクリック!



関連記事
スポンサーサイト




市販食品 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する